スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市長室のガラス扉紙で覆う…阿久根市長指示(読売新聞)

 阿久根市の竹原信一市長は19日、市役所2階にある市長室前のガラス扉を紙で覆うよう職員に指示した。

 扉は高さ約2メートル、幅約2メートル50センチで、板ガラス4枚がはめ込まれている。市総務課によると、19日午前中に市長から指示があったが、紙を張る目的についての説明はなかったという。

 市長室の前では各報道機関の記者が市長にコメントを求めて待ち構えており、市長室を出入りする竹原市長の様子を撮影できないようにするのが目的だと見られる。

 市役所を訪ねていた市民の男性は、紙張りされた扉を見て驚き、「ガラス張りの市政運営にはほど遠い感じ」とこぼしていた。

<偽1万円札>北海道・函館のスーパーなどで8枚見つかる(毎日新聞)
「最初の診療」質向上へ本腰 学ぶ医師増やせ 認定制度を充実 学術団体と日医 (産経新聞)
事業仕分け2日目…理研、航空大学校など(読売新聞)
「地球の自然感じることできてうれしい」 山崎さんが感謝の言葉(産経新聞)
ラグビーW杯の誘致めざし、東大阪市が来月から署名活動(産経新聞)

16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う-佐賀県警(時事通信)

 アパートに侵入して女性を暴行したとして、佐賀県警佐賀署は21日、強姦(ごうかん)と住居侵入の容疑で佐賀市内の男子高校生(16)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は、昨年8月30日午前3時ごろ、佐賀市内のアパートに侵入し、女性=当時(32)=の口をふさぐなどした上で暴行した疑い。 

【関連ニュース】
宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴
時効撤廃・延長法案が参院通過=5月中に成立、施行へ
知的障害の女性を暴行=施設の元生活支援員逮捕
暴行事件、時効直前にDNA一致=解体業の男起訴
警部を再び懲戒免職=強制わいせつ事件受け

インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
気分はサーカス? 「エアリアル・ティシュー」を用いた運動が人気(産経新聞)
「缶詰料理」ひと工夫で“料亭の味”(産経新聞)
NPOなど先遣隊派遣=相次ぐ医療支援の動き-中国青海省地震で(時事通信)
事業仕分け 第2弾は47独法 JICA、入試センターも(毎日新聞)

投票率1けた、総務省「聞いたことがない」(読売新聞)

 18日に投開票の広島県東広島市議補選(欠員1)で、投票率は8・82%と極めて低かったことがわかった。

 総務省は、統一地方選以外の市町村議選の記録は残していないものの、1けた台の投票率について「聞いたことがない」としている。

 市議補選は現職の死去に伴い、市長選と同時に11日に告示され、無所属新人の2人が争った。当日有権者13万8341人のうち、投票したのは1万2204人だった。市長選が11日に現職の無投票当選で終わり、市選管は、補選に有権者の関心が集まらなかったことが要因とみている。

 これまでの同市での選挙では、過去最低の投票率は1993年の参院広島選挙区補選の23・5%だった。

小学校の個人情報入ったUSB紛失 杉並区(産経新聞)
談志さんが高座に復帰=東京(時事通信)
<河村市長>議員報酬半減案など再提案へ 議会側は冷ややか(毎日新聞)
発見化石は新属のクジラ=進化解明に期待-群馬(時事通信)
<交通事故死者数>春の全国交通安全運動期間中は96人(毎日新聞)

アジア技術者育成へ拠点=原子力平和利用に貢献表明-核サミットで鳩山首相(時事通信)

 【ワシントン時事】鳩山由紀夫首相は12日夜の核安全保障サミットの夕食会で、核不拡散や原子力の平和利用に向けた日本の新たな貢献策を表明した。アジア諸国の核安全管理技術者を育成するための拠点として、日本に支援センターを設置。日米が協力して核物質の検知・鑑識技術を確立し、核物質の不正取引を防止するほか、国際原子力機関(IAEA)への財政支援として、計610万ドル(約5億7000万円)を拠出する方針を打ち出した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
核・アフガンで連携=EU大統領と初会談
高速鉄道計画で協議=ブラジル、ベトナム首脳と会談
日中首脳会談の要旨

低気圧接近、四国で大雨へ=13日は北日本大荒れか-気象庁(時事通信)
<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
<舛添前厚労相>与謝野元財務相らと連携否定 新党参加せず(毎日新聞)
<中国潜水艦>2隻が浮上し沖縄沖南下(毎日新聞)
<与謝野・平沼新党>民主、「第三極」を警戒(毎日新聞)

<北九州社長殺害>解雇通告で逆上か 「雑用ばかりで不満」(毎日新聞)

 北九州市小倉南区新曽根の白石鉄工資材置き場で同社社長、白石正人さん(70)が殺害された事件で、死体遺棄・損壊容疑で送検された同市八幡東区日の出2、元従業員、宮尾孝行容疑者(44)が「雑用ばかりやらされ不満があった。解雇を告げられ、カッとなりハンマーで殴った」などと供述していることが捜査関係者への取材で分かった。福岡県警は、宮尾容疑者が一方的に会社に不満を募らせる中、解雇を告げられて逆上、殺害に及んだとみて追及している。

 県警によると、宮尾容疑者は昨年10月、白石さんと懇意の親族の口添えで働くようになった。工事部に所属し、当初は重油やガソリンタンクの設置を担当していたが、最近は資材置き場で工具や資材の整理をしていた。

 1日当たり1万円強での日雇い労働だったが、宮尾容疑者は「『まじめに働けば、現場監督になれる』と聞いていた。しかし雑用ばかりやらされていた」と供述。白石さんは勤務態度が悪いとして解雇を伝えたとみられるが、宮尾容疑者は「まじめにやっていた。悪くない」と反発しているという。

 また「15日ほどの給与の未払いがあった」とも話している。資材置き場で白石さんから解雇を告げられた際、給与の未払いなども持ち出して口論となり、頭を拳で殴り、さらに近くにあったハンマーで殴打したという。

【関連ニュース】
北九州社長殺害:元従業員供述、「ハンマーで殴った」
北九州社長殺害:逮捕の元従業員、衝動的に犯行か
北九州社長殺害:元従業員を逮捕 死体遺棄容疑で福岡県警
北九州社長殺害:頭を殴られ絶命後に火 司法解剖の結果
殺人:鉄工会社社長に複数の刺し傷 北九州

橋下発言に抗議メール400件 わいせつ漫画規制(産経新聞)
クラゲ水族館「すばらしい」=ノーベル賞下村さんが訪問-山形(時事通信)
【健康】増える「非びらん性」胃食道逆流症 難しい診断 治療手探り(産経新聞)
クラゲ展示 ノーベル賞の下村さん、山形県の水族館訪れる(毎日新聞)
文科OB天下り先に業務委託 理研など年10億円(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。