スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主・樽床委員長「終わりよければすべてよし」?(産経新聞)

 民主党の樽床伸二国対委員長は11日午前の国対正副委員長会議で、最終盤の国会対応について「きちっと『終わり良ければすべてよし』、こういう決意であとわずか、全力でがんばりたい」と述べた。

 会期末を迎えて結束を呼びかけたものだが、会期延長をめぐって民主、国民新党が対立、亀井静香代表が郵政改革関連法案の今国会成立が期すとした連立合意が守られないことを理由に郵政改革・金融相を辞任したばかり。不用意な発言とも受けとめられそうだ。

 樽床氏の決意表明に対し、副幹事長から「よし!」のかけ声も上がっていた。

【関連記事】
樽床国対委員長、会期延長「参院の意見を最大限尊重」
樽床国対委員長「会期延長は総合的に判断する」
亀井氏が閣僚辞任 後任は自見氏起用へ 参院選は7月11日投開票確実
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
どうなる郵政法案 国会会期・参院選日程に翻弄
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

<口蹄疫>宮崎・延岡へ通じる林道2路線封鎖 大分県佐伯市(毎日新聞)
<指紋テープ入国>容疑の韓国人女を逮捕…静岡県警(毎日新聞)
在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相(医療介護CBニュース)
首相動静(6月15日)(時事通信)
<南アW杯>くいだおれ「次郎」が応援しまっせ! 大阪(毎日新聞)
スポンサーサイト

<参院選>首相交代で大あわて 民主候補予定者 「予想的中」候補も(毎日新聞)

 参院選に向けて準備してきた民主党の立候補予定者の中には、鳩山由紀夫前首相らと写ったポスターの取り換えなどに追われる陣営も。突然の首相交代の余波が広がっている。

 静岡選挙区から出馬予定の中本奈緒子氏(31)の事務所=浜松市中区=では5日、窓や壁に張った中本氏のポスター8枚をはがし、下3分の1にはさみを入れた。「鳩山由紀夫」「小沢一郎」の名前と2人の写真の部分を切り離し、中本氏の名前と写真だけの小さくなったポスターを張り直した。公募組の中本氏を「2人目の候補」として擁立することを決めたのは小沢氏。スタッフは「鳩山さんと小沢さんが辞めたのは残念で仕方ない」とポツリ。

 一方、菅直人首相の地元・東京選挙区から3選を目指す小川敏夫氏(62)は、菅氏を「東京の顔」として、2人並んだポスターを作製していた。事務所は「何も変えなくていい」と「予想的中」に胸をなでおろしている様子。

 神奈川選挙区で5選を目指す千葉景子前法相(62)の陣営は、選挙運動用法定はがき7万枚余に「法務大臣」の肩書を入れて印刷を済ませてしまった。留任の見通しだが、陣営関係者は「様子見の段階」とやきもきしている。【仲田力行、田村彰子、木村健二】

石垣島の牛は陰性、ウイルス検査で判明(読売新聞)
<青森・弘前市>「りんご課」を新設 「宝物」に磨きかける(毎日新聞)
鳩山内閣、4日総辞職=平野官房長官(時事通信)
「大変残念。反省している」首相辞任で小沢氏(読売新聞)
未明の池袋繁華街、解体工事現場で発砲2発(読売新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。